footballhack: クサビとスルーパスの見合い1(スキップスルーパス)

2011年1月11日

クサビとスルーパスの見合い1(スキップスルーパス)

「崩し」の基本はDFを騙すことです。パスするかしないか、ドリブルするか止まるか、右か左か、そういう2択を迫ることで攻撃は進んでいきます。今回は手前かの2択をDFに迫ることで可能なスルーパスの出し方を解説したいと思います。

簡単に説明しますと下の図のようになります。かなり単純化されてますが笑。



 水色は攻撃側、オレンジは守備側を表しています。

要はクサビを受けに降りてきたポストプレーヤーの左右を抜くようにあるいは頭上を越えるようにパスを狙おうというものです。

ポイントはクサビのパスを出すタイミングでそのままキックし、少し角度を変えてスルーパスを狙うことです。クサビのパスフェイントをしてから一度持ち直し、タイミングを遅らせて狙っても意味がありません。そのため、同じ予備動作から角度を変えるキックの技術が必要です。


では実際の状況に少し近づけてみます。

左図にDFの選手AとOFの選手Bを登場させました。ボールホルダーをCとします。

Cがクサビのパスを狙うとき、ポスト役とそのマーカーはボールに寄ります。こういった動きとCのキック動作によって、Aはクサビのパスが出ることを予測します。

クサビのパスが通る状態、すなわち誰もそのパスをインターセプトできず、かつDF陣がポストプレーヤーを囲いに行けない時、周辺のDF達は次にポストプレーヤーが何をするか観察します。

クサビのパスはポストプレーヤーを後ろ向きにプレーさせる性質がありますから、このときAはポストプレーヤーの体の正面側のスペースに注目して観察するわけです。このとき瞬間的にAがボールウォッチャー状態に陥ります。



このタイミングでBは縦に動き出します。ポストプレーヤーの脇を他の選手が縦に抜ける動きはポストプレーヤーを助ける役目もあります。それについてはくわしく別の項にまとめます。追記→「味方を追い越してフリーにさせる」

Cは上記の角度を変えるパスで裏を狙います。ポスト役の選手が寄ってきた瞬間にこのパスのイメージができなければ、裏にボールを蹴れません。日々のイメージ訓練が必要です。

Cがボールをキックした直後からボールがポスト役の選手を通過するまで、守備者Aはこれがスルーパスだと気付きません。なぜならボールはキック直後ポストプレーヤーへ向かって動くからです。Aの位置からだとボールの軌道がわかりづらく、僅かな遠近感の狂いでスルーパスに気付くのが遅れてしまいます。

この一瞬だけAの意識をBから引き剥がすことができればスルーパスは成功します。最低でも、Cがキックするまでに、Aが後方への全力ダッシュを始めなければ、かなりいい線行くと思います。

ではここで参考動画をひとつ。リケルメのプレーから。彼のスルーパスの中でも個人的に一番印象に残ってるものです。5:13からです。


縦パスを足元で受けようとしたサビオラを囮に使った美しいパスです。サビオラはこのパスに反応して足を伸ばしています。味方すら騙すパスであれば敵が騙されてしまうのも仕方ないことでしょう。

この現象は日常生活でもよくあります。誰かが自分に向かって手を振ったので手を振り返したら、そのひとは本当は自分の後ろにいる人に向かって手を振っていて、小っ恥ずかしい思いをすることと似ています笑。

この形で通るスルーパスはプロの試合でよく見られます。スルーパスが成功するときのに注意しながら観戦すると自分のプレーの幅を広げられるかもしれません。

続き→クサビとスルーパスの見合い2

4 件のコメント:

  1. いつもこのブログの更新を楽しみにしてます。
    上の記事を読んで、僕はサイドハーフをする事が多いので、裏に抜けだすときは味方のフォワードの近くにちょうどスルーパスが通るように走ればいいのですね。これはつまり、「重なる」状況を自分から作り出すと言う事ですね。

    返信削除
  2. @バルサさん その通りです!また、例えばFWを目掛けたロングボールや逆サイドからのセンタリングもファーストターゲットとなるFWの頭を越えやすいので、そのパスの軌道上の味方の裏に走りこむとチャンスの遭遇率が上がります。代表を見ていると、香川や清武はこの感覚に非常に優れているので、彼らを注意してみてみると面白いでしょう。

    自分が活きるプレーを身につけたら、味方を活かすプレーにも挑戦してみてください。サイドハーフは囮になることで、味方の同サイドのサイドバックをフリーでオーバーラップさせることができます。この形はバルセロナが常用しているので、参考になると思います。

    コメントどうもありがとうございます。また見に来てください。

    返信削除
  3. ありがとうございます。ボールを受ける事だけを考えずに味方にフリーで受けてもらう事も考えながらサッカーをしたいと思います。

    返信削除